4人家族の初お泊まり登山 in 富士山 (2015.夏)

行きたかった富士山に、家族を説得して 4人そろって 初登頂!
企画から 帰宅まで の 珍道中を ご覧下さい

9☆ 富士山の山小屋から見た 夕暮れ と 夜空 の 巻

2015.7.25 pm 5:30頃


美味しい夕食で、お腹 満腹になった 4人家族は 食堂のドアを開け 寝室へ。


ドアを開けると



なんと⁈



さっきまで、廊下だったところに 布団が敷き詰められていました。

その上に、寝袋が 無造作に置かれていました。


山小屋では、予約者だけでなく、歩けなくなった 登山者を 宿泊させなくては、いけないそうで...。

いざ という時の為に 用意するんですね。


布団の上を踏んで、ハシゴを登って自分達の 2階スペースへと移動です。その2階スペースの足元から ハシゴを登って、3階へと、夕方 到着した人達が 登ってきました!!


プライベートの 部分が 全く無いんですね(≧∇≦)。

神経質な人は 無理でしょう。

我が娘たち どうやら 大丈夫みたいで、良かった(*^_^*) ‼



さて、落ち着いたところで 夕陽を見に 外へ出ると、さらに 風は強まり イスが飛ばされないように ヒモで、縛られていました‼


ホントに、強風!


今も 上を目指す人。

下山してる人と 様々です!

そして、ここの小屋前で一休みしているのです。


下山の人は 寒そう(≧∇≦)。



おまたせしました。

富士山7合目からの 夕暮れを ご覧下さい


なかなか いい感じ(*^_^*)


山中湖も見えます。



小屋に戻ると、薄暗い部屋に ランプが灯り あたたかくて、優しい光の中にいると 心 穏やかに なります。

ゴロゴロするけど、眠れない。


なんと、



8時には 消灯 になってしまうから、その前に 慌てて、出発の準備を‼

購入した ヘッドランプの活躍です。


かなり枕元は暗いんです。


この大陽館では、なんと 荷物を置いて 山頂に行けるんです!


そこで、我が家は 自宅から45lのゴミ袋に、デカく名前を書いて持参しました。

着替えて濡れた服や、ゴミ など 4人分入れたら まずまずの量に なりました。


フロント預けではなく、あくまでも 自己責任で 枕元にある 棚の上に 置いておくのだそうです。

何せ ゴミ袋なもんで、掃除の時に 捨てられては 大変だから、何度も 「荷物です。よろしくお願いします 」と 言いました。



朝も早いから、消灯前 最後のトイレに行くついでに、4人で 外へ。


実は、富士山登頂の目的 は3つ。


雲海 ◆ 夜空 ◆ ご来光


有難いことに、雲海は最高の思い出となりました!

そして、今 風もあり 天に近い 富士山7合目で 星空を眺める(*^_^*)。

昔、越後の山にある避難小屋に1泊だけしたことが ある私。

その時見た 流れ星や、天の川に 感動!

娘にも、見せたい ‼

自分も、また見たい‼


それが、今 叶う(*^_^*)



わくわくしながら 外へ出ると、





小屋の灯りが 明るくて、登山者のヘッドランプもあり、星は 大きいけど 、かなり イメージと違う(≧∇≦)。天の川どころでは ありません。


残念無念。


私の誤算でしたね。


富士山で 星空なんて 甘かった(≧∇≦)。


山頂の 何も無いとこなら、見えるのかな?


ちなみに、夜中にも 外へ出た私。

ヘッドランプの 縦に続く灯りと 下界の夜景が 綺麗でした。

夜中は、天の川らしきものが少し見え、北斗七星は すごく大きくて 迫力がありました が。


娘たちは

疲れたとあって、こんなとこでも爆睡で 羨ましい。

私は、狭くて身動き取れず 眠れない(≧∇≦)。


0時半過ぎ 隣の男性4人組が、山頂で ご来光見るために 居なくなったのて、

寝袋持って、となりのスペースへ‼

極楽☆極楽


ようやく 爆睡です。



夜空は 残念でしたが、山小屋の貴重な体験 ができました(*^_^*)。

長い 夜でした。


夜中に、高山病になる とも言われていたけど みんな スヤスヤ眠り いい調子です。


次回 は ご来光 です(*^_^*)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。